いづみ印刷のあゆみ いづみ印刷株式会社

1951年(昭和26年)   4月  臼杵市新町に膽写印刷の有限会社「小野プリント社」を創業、小野泉(故会長)が代表取締役社長に就任

1953年(昭和28年)   3月  島岡式シンプルオフセット印刷機を導入し、オフセット印刷に転換

1955年(昭和30年) 12月  社名を有限会社いづみ印刷社に改称、小森式ベビーオフセット印刷機(8裁)を増設

1959年(昭和34年) 12月  アキヤマ式半裁オフセット印刷機を増設し、本格的オフセット印刷を目指す

1962年(昭和37年)   1月  始業前の朝礼を開始(現在に至る)

1963年(昭和38年)   5月  モリサワ写真植字機1号機(MC-5型)を導入

1966年(昭和41年)   6月  大分市下郡に大分支店を開設、活版工場として操業開始

1967年(昭和42年)   9月  本社工場に三菱製B半裁高速オフセット印刷機1号機を導入

1971年(昭和46年)   6月  本社工場を現在地(臼杵市洲崎)に移転、製版設備を充実

1978年(昭和53年)   5月  大分工場にA半裁2色オフセット印刷機を増設

1979年(昭和54年)   5月  本社工場にB半裁2色オフセット印刷機2台を増設、カラープリントなどカラー撮影用機械器具一式を導入

1981年(昭和56年)   7月  大分工場を増設、フォーム印刷機を導入し電算機用連続伝票の印刷を開始

8月  本社工場に大日本スクリーン製カラースキャナー701を導入、カラー製版設備の充実

1984年(昭和59年) 10月  本社工場にアキヤマ製B半裁4色オフセット印刷機を導入

1988年(昭和63年)   2月  本社工場に大日本スクリーン製版下自動作成機「IP7010」を導入

1990年(平成  2年) 10月  本社工場に三菱製B3版4色×4色オフセット輪転印刷機を導入

1991年(平成  3年)   3月  別府市に別府営業所を開設

1992年(平成  4年)   5月  大分市下郡丁畑に大分支店を新築移転、三菱製菊全判4色印刷機を導入

1993年(平成  5年)   8月  本社工場に大日本スクリーン製総合製版システム「レナトス」他を導入

1994年(平成  6年)   7月  株式会社に組織変更、「いづみ印刷株式会社」とする

1995年(平成  7年)   1月  大分県「中小企業中核企業育成事業」に選定される

1996年(平成  8年)   5月  社長交代により、小野泉が代表取締役会長、小野健介が代表取締役社長になる

1997年(平成  9年)   9月  大分市豊海PK物流センター内にPOPセンター開設

1998年(平成10年)   6月  幹部研修会がスタート

1999年(平成11年)   3月  アメリカ大豆協会認定「ソイシール」大豆インキを九州初、チラシで運用

9月  宮崎市に宮崎営業所を開設

2000年(平成12年) 11月  大分県初の環境水処理装置「BS -1システム」導入

2001年(平成13年)   2月  デザイン・WEB部門 有限会社アイダックを設立

4月  津久見市に津久見営業所を開設

2003年(平成15年)   4月  大分市高城にプリントショップ デジタルアシストセンター「アイダック」を開設

6月  本社工場に菊半CTPを導入

2004年(平成16年)   7月  情報管理システムRHIZOMEを導入

2005年(平成17年) 10月  情報誌シティーウォーカー「てくてく」創刊

12月  竹田市に竹田営業所を開設

2006年(平成18年)   3月  大分銀行保証付き私募債1億円発行

5月  熊本市に熊本営業所を開設

10月  臼杵本社工場において「大分県初」 環境保護印刷認証マーク「クリオネマークゴールドクラス」を取得

12月  大分県中小企業支援革新計画承認

2007年(平成19年)   2月  大分市高江に新大分工場落成、移転・菊全CTPを導入「BS -1システム」増設

3月  「個人情報保護方針」「いづみ印刷」のハート宣言

「きれいな職場で、作業の効率アップを目指して」 5S運動の推進スタート

7月  大分工場において「大分県初」 環境保護印刷認証マーク「クリオネマーク・ゴールドクラスプラス」を取得

10月  日本ダイレクトメール協会入会、DMエキスパート取得

2008年(平成20年)   3月  プライバシーマーク取得

大分工場に小森製B3版4色×4色オフセット輪転印刷機を導入

5月  ポータルサイト「タウコン」開設

2009年(平成21年)   8月  創業者 会長 小野泉死去

2010年(平成22年)   9月  アイダック、大分工場内へ移転

環境対応型 植物油インキを使用開始

ユニバーサルデザインでのチラシの取り組みは「西日本で初」

全日本印刷工業組合連合会・MUD推進プロジェクト主催

第4回 メディアユニバーサルデザインコンペティション 入選作品 (佳作)

2011年(平成23年)   4月  創業60周年記念式典を迎えた

10月  臼杵市八町大路にフリーペーパー「てくてく」のアンテナショップ『てくの屋』オープン

2014年(平成26年) 11月  oita ebooksオープン

2015年(平成27年)   1月  リョービLED-UV  A全版4色機導入

8月  本社を大分市に移転する

2017年(平成29年)   5月  完全無処理サーマルCTPプレート「SUPERIA」導入

 

097-535-8655

〒870-1117 大分市高江西1丁目4323番地の25

097-535-8655

お気軽にご相談ください

お客様のご要望を真摯にとらえ

各部門のエキスパート達が全力でお応えします

お問い合わせはこちら

Ⓒ2017 Printing-izumi Co.,Ltd.

ホーム

プライバシーポリシー

サイトマップ

いづみ印刷のあゆみ

1951年(昭和26年)   4月  臼杵市新町に膽写印刷の有限会社「小野プリント社」を創業、

小野泉(故会長)が代表取締役社長に就任

1953年(昭和28年)   3月  島岡式シンプルオフセット印刷機を導入し、オフセット印刷に転換

1955年(昭和30年) 12月  社名を有限会社いづみ印刷社に改称、

小森式ベビーオフセット印刷機(8裁)を増設

1959年(昭和34年) 12月  アキヤマ式半裁オフセット印刷機を増設し、

本格的オフセット印刷を目指す

1962年(昭和37年)   1月  始業前の朝礼を開始(現在に至る)

1963年(昭和38年)   5月  モリサワ写真植字機1号機(MC-5型)を導入

1966年(昭和41年)   6月  大分市下郡に大分支店を開設、活版工場として操業開始

1967年(昭和42年)   9月  本社工場に三菱製B半裁高速オフセット印刷機1号機を導入

1971年(昭和46年)   6月  本社工場を現在地(臼杵市洲崎)に移転、製版設備を充実

1978年(昭和53年)   5月  大分工場にA半裁2色オフセット印刷機を増設

1979年(昭和54年)   5月  本社工場にB半裁2色オフセット印刷機2台を増設、

カラープリントなどカラー撮影用機械器具一式を導入

1981年(昭和56年)   7月  大分工場を増設、フォーム印刷機を導入し

電算機用連続伝票の印刷を開始

8月  本社工場に大日本スクリーン製カラースキャナー701を導入、

カラー製版設備の充実

1984年(昭和59年) 10月  本社工場にアキヤマ製B半裁4色オフセット印刷機を導入

1988年(昭和63年)   2月  本社工場に大日本スクリーン製版下自動作成機「IP7010」を導入

1990年(平成  2年) 10月  本社工場に三菱製B3版4色×4色オフセット輪転印刷機を導入

1991年(平成  3年)   3月  別府市に別府営業所を開設

1992年(平成  4年)   5月  大分市下郡丁畑に大分支店を新築移転、三菱製菊全判4色印刷機を導入

1993年(平成  5年)   8月  本社工場に大日本スクリーン製総合製版システム「レナトス」他を導入

1994年(平成  6年)   7月  株式会社に組織変更、「いづみ印刷株式会社」とする

1995年(平成  7年)   1月  大分県「中小企業中核企業育成事業」に選定される

1996年(平成  8年)   5月  社長交代により、小野泉が代表取締役会長、

小野健介が代表取締役社長になる

1997年(平成  9年)   9月  大分市豊海PK物流センター内にPOPセンター開設

1998年(平成10年)   6月  幹部研修会がスタート

1999年(平成11年)   3月  アメリカ大豆協会認定「ソイシール」大豆インキを九州初、チラシで運用

9月  宮崎市に宮崎営業所を開設

2000年(平成12年) 11月  大分県初の環境水処理装置「BS -1システム」導入

2001年(平成13年)   2月  デザイン・WEB部門 有限会社アイダックを設立

4月  津久見市に津久見営業所を開設

2003年(平成15年)   4月  大分市高城にプリントショップ デジタルアシストセンター「アイダック」を開設

6月  本社工場に菊半CTPを導入

2004年(平成16年)   7月  情報管理システムRHIZOMEを導入

2005年(平成17年) 10月  情報誌シティーウォーカー「てくてく」創刊

12月  竹田市に竹田営業所を開設

2006年(平成18年)   3月  大分銀行保証付き私募債1億円発行

5月  熊本市に熊本営業所を開設

10月  臼杵本社工場において「大分県初」 環境保護印刷認証マーク

「クリオネマークゴールドクラス」を取得

12月  大分県中小企業支援革新計画承認

2007年(平成19年)   2月  大分市高江に新大分工場落成、移転・菊全CTPを導入「BS -1システム」増設

3月  「個人情報保護方針」「いづみ印刷」のハート宣言

「きれいな職場で、作業の効率アップを目指して」

5S運動の推進スタート

7月  大分工場において「大分県初」 環境保護印刷認証マーク

「クリオネマーク・ゴールドクラスプラス」を取得

10月  日本ダイレクトメール協会入会、DMエキスパート取得

2008年(平成20年)   3月  プライバシーマーク取得

大分工場に小森製B3版4色×4色オフセット輪転印刷機を導入

5月  ポータルサイト「タウコン」開設

2009年(平成21年)   8月  創業者 会長 小野泉死去

2010年(平成22年)   9月  アイダック、大分工場内へ移転

環境対応型 植物油インキを使用開始

ユニバーサルデザインでのチラシの取り組みは「西日本で初」

全日本印刷工業組合連合会・MUD推進プロジェクト主催

第4回 メディアユニバーサルデザインコンペティション

入選作品 (佳作)

2011年(平成23年)   4月  創業60周年記念式典を迎えた

10月  臼杵市八町大路にフリーペーパー「てくてく」のアンテナショップ

『てくの屋』オープン

2014年(平成26年) 11月  oita ebooksオープン

2015年(平成27年)   1月  リョービLED-UV  A全版4色機導入

8月  本社を大分市に移転する

2017年(平成29年)   5月  完全無処理サーマルCTPプレート「SUPERIA」導入

お気軽にご相談ください

お客様のご要望を真摯にとらえ

各部門のエキスパート達が全力でお応えします

いづみ印刷株式会社
いづみ印刷のあゆみ

1951年(昭和26年)   4月  臼杵市新町に膽写印刷の有限会社「小野プリント社」を創業、

小野泉(故会長)が代表取締役社長に就任

1953年(昭和28年)   3月  島岡式シンプルオフセット印刷機を導入し、オフセット印刷に転換

1955年(昭和30年) 12月  社名を有限会社いづみ印刷社に改称、

小森式ベビーオフセット印刷機(8裁)を増設

1959年(昭和34年) 12月  アキヤマ式半裁オフセット印刷機を増設し、

本格的オフセット印刷を目指す

1962年(昭和37年)   1月  始業前の朝礼を開始(現在に至る)

1963年(昭和38年)   5月  モリサワ写真植字機1号機(MC-5型)を導入

1966年(昭和41年)   6月  大分市下郡に大分支店を開設、活版工場として操業開始

1967年(昭和42年)   9月  本社工場に三菱製B半裁高速オフセット印刷機1号機を導入

1971年(昭和46年)   6月  本社工場を現在地(臼杵市洲崎)に移転、製版設備を充実

1978年(昭和53年)   5月  大分工場にA半裁2色オフセット印刷機を増設

1979年(昭和54年)   5月  本社工場にB半裁2色オフセット印刷機2台を増設、

カラープリントなどカラー撮影用機械器具一式を導入

1981年(昭和56年)   7月  大分工場を増設、フォーム印刷機を導入し

電算機用連続伝票の印刷を開始

8月  本社工場に大日本スクリーン製カラースキャナー701を導入、

カラー製版設備の充実

1984年(昭和59年) 10月  本社工場にアキヤマ製B半裁4色オフセット印刷機を導入

1988年(昭和63年)   2月  本社工場に大日本スクリーン製版下自動作成機「IP7010」を導入

1990年(平成  2年) 10月  本社工場に三菱製B3版4色×4色オフセット輪転印刷機を導入

1991年(平成  3年)   3月  別府市に別府営業所を開設

1992年(平成  4年)   5月  大分市下郡丁畑に大分支店を新築移転、三菱製菊全判4色印刷機を導入

1993年(平成  5年)   8月  本社工場に大日本スクリーン製総合製版システム「レナトス」他を導入

1994年(平成  6年)   7月  株式会社に組織変更、「いづみ印刷株式会社」とする

1995年(平成  7年)   1月  大分県「中小企業中核企業育成事業」に選定される

1996年(平成  8年)   5月  社長交代により、小野泉が代表取締役会長、

小野健介が代表取締役社長になる

1997年(平成  9年)   9月  大分市豊海PK物流センター内にPOPセンター開設

1998年(平成10年)   6月  幹部研修会がスタート

1999年(平成11年)   3月  アメリカ大豆協会認定「ソイシール」大豆インキを九州初、チラシで運用

9月  宮崎市に宮崎営業所を開設

2000年(平成12年) 11月  大分県初の環境水処理装置「BS -1システム」導入

2001年(平成13年)   2月  デザイン・WEB部門 有限会社アイダックを設立

4月  津久見市に津久見営業所を開設

2003年(平成15年)   4月  大分市高城にプリントショップ デジタルアシストセンター

「アイダック」を開設

6月  本社工場に菊半CTPを導入

2004年(平成16年)   7月  情報管理システムRHIZOMEを導入

2005年(平成17年) 10月  情報誌シティーウォーカー「てくてく」創刊

12月  竹田市に竹田営業所を開設

2006年(平成18年)   3月  大分銀行保証付き私募債1億円発行

5月  熊本市に熊本営業所を開設

10月  臼杵本社工場において「大分県初」 環境保護印刷認証マーク

「クリオネマークゴールドクラス」を取得

12月  大分県中小企業支援革新計画承認

2007年(平成19年)   2月  大分市高江に新大分工場落成、移転・菊全CTPを導入

「BS -1システム」増設

3月  「個人情報保護方針」「いづみ印刷」のハート宣言

「きれいな職場で、作業の効率アップを目指して」

5S運動の推進スタート

7月  大分工場において「大分県初」 環境保護印刷認証マーク

「クリオネマーク・ゴールドクラスプラス」を取得

10月  日本ダイレクトメール協会入会、DMエキスパート取得

2008年(平成20年)   3月  プライバシーマーク取得

大分工場に小森製B3版4色×4色オフセット輪転印刷機を導入

5月  ポータルサイト「タウコン」開設

2009年(平成21年)   8月  創業者 会長 小野泉死去

2010年(平成22年)   9月  アイダック、大分工場内へ移転

環境対応型 植物油インキを使用開始

ユニバーサルデザインでのチラシの取り組みは「西日本で初」

全日本印刷工業組合連合会・MUD推進プロジェクト主催

第4回 メディアユニバーサルデザインコンペティション

入選作品 (佳作)

2011年(平成23年)   4月  創業60周年記念式典を迎えた

10月  臼杵市八町大路にフリーペーパー「てくてく」のアンテナショップ

『てくの屋』オープン

2014年(平成26年) 11月  oita ebooksオープン

2015年(平成27年)   1月  リョービLED-UV  A全版4色機導入

8月  本社を大分市に移転する

2017年(平成29年)   5月  完全無処理サーマルCTPプレート「SUPERIA」導入

いづみ印刷のあゆみ 1951年(昭和26年) 4月 臼杵市新町に膽写印刷の有限会社 「小野プリント社」を創業、 小野泉(故会長)が代表取締役社長に就任 1953年(昭和28年) 3月 島岡式シンプルオフセット印刷機を導入し、 オフセット印刷に転換 1955年(昭和30年) 12月 社名を有限会社いづみ印刷社に改称、 小森式ベビーオフセット印刷機(8裁)を増設 1959年(昭和34年) 12月 アキヤマ式半裁オフセット印刷機を増設し、 本格的オフセット印刷を目指す 1962年(昭和37年) 1月 始業前の朝礼を開始(現在に至る) 1963年(昭和38年) 5月 モリサワ写真植字機1号機(MC-5型)を導入 1966年(昭和41年) 6月 大分市下郡に大分支店を開設、 活版工場として操業開始 1967年(昭和42年) 9月 本社工場に三菱製B半裁高速オフセット印刷機 1号機を導入 1971年(昭和46年) 6月 本社工場を現在地(臼杵市洲崎)に移転、 製版設備を充実 1978年(昭和53年) 5月 大分工場にA半裁2色オフセット印刷機を増設 1979年(昭和54年) 5月 本社工場にB半裁2色オフセット印刷機2台を増設、 カラープリントなどカラー撮影用機械器具一式を導入 1981年(昭和56年) 7月 大分工場を増設、フォーム印刷機を導入し 電算機用連続伝票の印刷を開始 8月 本社工場に大日本スクリーン製カラースキャナー 701を導入、カラー製版設備の充実 1984年(昭和59年) 10月 本社工場にアキヤマ製B半裁4色オフセット印刷機を 導入 1988年(昭和63年) 2月 本社工場に大日本スクリーン製版下自動作成機 「IP7010」を導入 1990年(平成 2年) 10月 本社工場に三菱製B3版4色×4色 オフセット輪転印刷機を導入 1991年(平成 3年) 3月 別府市に別府営業所を開設 1992年(平成 4年) 5月 大分市下郡丁畑に大分支店を新築移転、 三菱製菊全判4色印刷機を導入 1993年(平成 5年) 8月 本社工場に大日本スクリーン製総合製版システム 「レナトス」他を導入 1994年(平成 6年) 7月 株式会社に組織変更、「いづみ印刷株式会社」とする 1995年(平成 7年) 1月 大分県「中小企業中核企業育成事業」に選定される 1996年(平成 8年) 5月 社長交代により、小野泉が代表取締役会長、 小野健介が代表取締役社長になる 1997年(平成 9年) 9月 大分市豊海PK物流センター内にPOPセンター開設 1998年(平成10年) 6月 幹部研修会がスタート 1999年(平成11年) 3月 アメリカ大豆協会認定「ソイシール」大豆インキを 九州初、チラシで運用 9月 宮崎市に宮崎営業所を開設 2000年(平成12年) 11月 大分県初の環境水処理装置「BS -1システム」導入 2001年(平成13年) 2月 デザイン・WEB部門 有限会社アイダックを設立 4月 津久見市に津久見営業所を開設 2003年(平成15年) 4月 大分市高城にプリントショップ デジタルアシストセンター「アイダック」を開設 6月 本社工場に菊半CTPを導入 2004年(平成16年) 7月 情報管理システムRHIZOMEを導入 2005年(平成17年) 10月 情報誌シティーウォーカー「てくてく」創刊 12月 竹田市に竹田営業所を開設 2006年(平成18年) 3月 大分銀行保証付き私募債1億円発行 5月 熊本市に熊本営業所を開設 10月 臼杵本社工場において 「大分県初」 環境保護印刷認証マーク 「クリオネマークゴールドクラス」を取得 12月 大分県中小企業支援革新計画承認 2007年(平成19年) 2月 大分市高江に新大分工場落成、移転・菊全CTPを導入 「BS -1システム」増設 3月 「個人情報保護方針」「いづみ印刷」のハート宣言 「きれいな職場で、作業の効率アップを目指して」 5S運動の推進スタート 7月 大分工場において 「大分県初」 環境保護印刷認証マーク 「クリオネマーク・ゴールドクラスプラス」を取得 10月 日本ダイレクトメール協会入会、 DMエキスパート取得 2008年(平成20年) 3月 プライバシーマーク取得 大分工場に小森製B3版4色×4色オフセット輪転印刷機を導入 5月 ポータルサイト「タウコン」開設 2009年(平成21年) 8月 創業者 会長 小野泉死去 2010年(平成22年) 9月 アイダック、大分工場内へ移転 環境対応型 植物油インキを使用開始。 ユニバーサルデザインでのチラシの取り組みは 「西日本で初」 全日本印刷工業組合連合会・MUD推進プロジェクト主催 第4回 メディアユニバーサルデザイン コンペティション 入選作品 (佳作) 2011年(平成23年) 4月 創業60周年記念式典を迎えた 10月 臼杵市八町大路にフリーペーパー「てくてく」の アンテナショップ『てくの屋』オープン 2014年(平成26年) 11月 oita ebooksオープン 2015年(平成27年) 1月 リョービLED-UV A全版4色機導入 8月 本社を大分市に移転する 2017年(平成29年) 5月 完全無処理サーマルCTPプレート「SUPERIA」導入
いづみ印刷株式会社
いづみ印刷のあゆみ 1951年(昭和26年) 4月 臼杵市新町に膽写印刷の有限会社 「小野プリント社」を創業、 小野泉(故会長)が代表取締役社長に就任 1953年(昭和28年) 3月 島岡式シンプルオフセット印刷機を導入し、 オフセット印刷に転換 1955年(昭和30年) 12月 社名を有限会社いづみ印刷社に改称、 小森式ベビーオフセット印刷機(8裁)を増設 1959年(昭和34年) 12月 アキヤマ式半裁オフセット印刷機を増設し、 本格的オフセット印刷を目指す 1962年(昭和37年) 1月 始業前の朝礼を開始(現在に至る) 1963年(昭和38年) 5月 モリサワ写真植字機1号機(MC-5型)を導入 1966年(昭和41年) 6月 大分市下郡に大分支店を開設、 活版工場として操業開始 1967年(昭和42年) 9月 本社工場に三菱製B半裁高速オフセット印刷機 1号機を導入 1971年(昭和46年) 6月 本社工場を現在地(臼杵市洲崎)に移転、 製版設備を充実 1978年(昭和53年) 5月 大分工場にA半裁2色オフセット印刷機を増設 1979年(昭和54年) 5月 本社工場にB半裁2色オフセット印刷機2台を増設、 カラープリントなどカラー撮影用機械器具一式を導入 1981年(昭和56年) 7月 大分工場を増設、フォーム印刷機を導入し 電算機用連続伝票の印刷を開始 8月 本社工場に大日本スクリーン製カラースキャナー 701を導入、カラー製版設備の充実 1984年(昭和59年) 10月 本社工場にアキヤマ製B半裁4色オフセット印刷機を 導入 1988年(昭和63年) 2月 本社工場に大日本スクリーン製版下自動作成機 「IP7010」を導入 1990年(平成 2年) 10月 本社工場に三菱製B3版4色×4色 オフセット輪転印刷機を導入 1991年(平成 3年) 3月 別府市に別府営業所を開設 1992年(平成 4年) 5月 大分市下郡丁畑に大分支店を新築移転、 三菱製菊全判4色印刷機を導入 1993年(平成 5年) 8月 本社工場に大日本スクリーン製総合製版システム 「レナトス」他を導入 1994年(平成 6年) 7月 株式会社に組織変更、「いづみ印刷株式会社」とする 1995年(平成 7年) 1月 大分県「中小企業中核企業育成事業」に選定される 1996年(平成 8年) 5月 社長交代により、小野泉が代表取締役会長、 小野健介が代表取締役社長になる 1997年(平成 9年) 9月 大分市豊海PK物流センター内にPOPセンター開設 1998年(平成10年) 6月 幹部研修会がスタート 1999年(平成11年) 3月 アメリカ大豆協会認定「ソイシール」大豆インキを 九州初、チラシで運用 9月 宮崎市に宮崎営業所を開設 2000年(平成12年) 11月 大分県初の環境水処理装置「BS -1システム」導入 2001年(平成13年) 2月 デザイン・WEB部門 有限会社アイダックを設立 4月 津久見市に津久見営業所を開設 2003年(平成15年) 4月 大分市高城にプリントショップ デジタルアシストセンター「アイダック」を開設 6月 本社工場に菊半CTPを導入 2004年(平成16年) 7月 情報管理システムRHIZOMEを導入 2005年(平成17年) 10月 情報誌シティーウォーカー「てくてく」創刊 12月 竹田市に竹田営業所を開設 2006年(平成18年) 3月 大分銀行保証付き私募債1億円発行 5月 熊本市に熊本営業所を開設 10月 臼杵本社工場において 「大分県初」 環境保護印刷認証マーク 「クリオネマークゴールドクラス」を取得 12月 大分県中小企業支援革新計画承認 2007年(平成19年) 2月 大分市高江に新大分工場落成、移転・菊全CTPを導入 「BS -1システム」増設 3月 「個人情報保護方針」「いづみ印刷」のハート宣言 「きれいな職場で、作業の効率アップを目指して」 5S運動の推進スタート 7月 大分工場において 「大分県初」 環境保護印刷認証マーク 「クリオネマーク・ゴールドクラスプラス」を取得 10月 日本ダイレクトメール協会入会、 DMエキスパート取得 2008年(平成20年) 3月 プライバシーマーク取得 大分工場に小森製B3版4色×4色オフセット輪転印刷機を導入 5月 ポータルサイト「タウコン」開設 2009年(平成21年) 8月 創業者 会長 小野泉死去 2010年(平成22年) 9月 アイダック、大分工場内へ移転 環境対応型 植物油インキを使用開始。 ユニバーサルデザインでのチラシの取り組みは 「西日本で初」 全日本印刷工業組合連合会・MUD推進プロジェクト主催 第4回 メディアユニバーサルデザイン コンペティション 入選作品 (佳作) 2011年(平成23年) 4月 創業60周年記念式典を迎えた 10月 臼杵市八町大路にフリーペーパー「てくてく」の アンテナショップ『てくの屋』オープン 2014年(平成26年) 11月 oita ebooksオープン 2015年(平成27年) 1月 リョービLED-UV A全版4色機導入 8月 本社を大分市に移転する 2017年(平成29年) 5月 完全無処理サーマルCTPプレート「SUPERIA」導入
お気軽にご相談ください